社会保険労務士の意味とは?

社会保険労務士という職業の名前は耳にしたことがあっても、実際にどのような業務を行っているのか、社会保険労務士が存在する意味はなんなのかといったことをご存じの方は意外と少ないのではないでしょうか。
社会保険労務士はすごく簡単にいえば、いわゆる年金や社会保険の専門家なのです。
したがって業務の取引先となるのは大半が企業となります。
その企業の社会保険や労働に関する様々な事例の処理等を行うのが社会保険労務士なのです。
また前述したとおり年金等の専門家でもありますので、年金の請求等を依頼することもできます。
企業と労働者間における労働にまつわるトラブルの解決を手掛けることも多く、あまり知られていないのですが全ての方にとって意味のある存在だということができるでしょう。