不動産鑑定士や建設業経理事務士とは?

みなさんは、不動産鑑定士や建設業経理事務士になりたいですか? 簿記の資格を取得した場合には、経理分野での仕事が主なものになってきているのです。
ただ、経理という仕事は、ほとんどの職種、業種において、行われている活動で、ある意味ではいろいろな分野で仕事ができる資格だといえますよね。
たとえば、簿記の資格を得た場合には、不動産や建設業という分野にも活動の場を広げることができるのです。
不動産鑑定士は、その名の通りに不動産に関する鑑定を主に行う職種なのです。
この資格を得たら、不動産に関連するいろいろな業務やコンサルティング活動を行うことができるのです。
不動産鑑定士の試験を受けるために、簿記検定試験での一定等級の合格が、必須だという条件は、特にないのです。
そのため、簿記の資格を持っている人が、この試験を受けるのは、有利だといえます。
一方、建設業経理事務士は、建設業における簿記を行うための資格のことです。
当然、簿記の資格を持っていると、非常に有利なのです。
建設業経理事務士の試験は、等級別に分かれていて、基本的には日商簿記と同レベルだとされているのです。
そのため、既に日商簿記で1級、2級レベルの試験に合格している人は、建設業特有の知識さえ覚えれば、あとは楽に合格できるのです。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】